整備・保証について

head-content-images-maintenance

当社では、国内向けの中古自動販売機については、整備をおこなった上で、お取引契約外の不当な転売や不法投棄、盗難などの可能性を考慮し、当社シリアル番号を付与した状態での納品を基本としております。

整備に関しては、洗浄から始まり、内部機構の調整や部品交換、稼動テストなどを充分におこない、お客さまの手元に届いてすぐにご使用頂ける状態にて納品できるよう努めております。

本体のクリーニング

about-maintenance-images-0001

中古として市場に出回る自動販売機は、一定以上長期間にわたって使用されたものがほとんどになります。

雨風が当たらない屋内で使用していたものでも、内部にホコリやゴミが溜まりますので、屋外で使用されていたものはなおさらです。

それらを綺麗に洗い落とすところから当社の自動販売機整備が始まります。内部機構のパーツを取り外し、ひとつひとつ丁寧に洗浄をおこない、この時点で交換が必要な部品の選別もおこなっていきます。

内部機構の整備

分解・洗浄がおこなわれた本体は、内部機構の整備工程に入ります。庫内の商品投入口・ベンドラック・シュートをはじめ、冷却ユニットや通貨機を含む操作部、電源・電装回りなどの点検・再組み立てなどをおこないつつ、前工程で交換が必要と判断された部品の交換作業などに入ります。

交換が必要とされるケースが多いのは、冷却ユニット等のポンプ部分や電源ケーブルなどの駆動・電源箇所、取り出し口(フラッパー)やディスプレイ部分のアクリル部品です。もちろん、この時点で蛍光灯やLEDなどの消耗部品の交換もおこなわれます。なお、従来タイプの蛍光灯から省エネタイプのLEDへの交換については、ご要望に応じて対応可能です(マウント部品の交換・調整等も含む作業のため、別途見積りとなります)

about-maintenance-images-0002
about-maintenance-images-0003

塗装・再組み立て・テスト

最終的な再組み立ての前に塗装をおこないます。前ユーザー(主に飲料メーカー)が使用していた時のラッピングを剥がし、再塗装となります。

過度に塗装の全剥離などをおこなうと材料費や工数が増えてしまい、結果的にお客様への提供価格にも多分に影響が出てしまうため、前オーナー使用時のベース色(単色)での塗り直し(補修)を中心に作業を進めていきます。

塗装が完了したら、全ての部品を再度組み立て直し、電源や駆動部、操作部(通貨機含む)などの稼動テストをおこない作業が完了、ていねいに梱包して出荷を待ちます。

about-maintenance-images-0004
about-maintenance-images-0005

製品保証について

当社が取扱い販売する製品につきましては、納品前の検品は充分におこないますが、当社の責による初期不良発生を除いて原則的に保証が適用されません。万が一、初期不良が発生した際には、返金または代替品納入等にて対応いたします。ただし、お客さまの手による製品カスタマイズ後の不良については保証外となります。

また、ご利用時の故障や不具合の発生時は当社までご連絡ください(第三者を介して購入された場合は販売元に問い合わせください)。製造元である各メーカーは、前ユーザーに対しては故障等の対応責任が生じますが、当社から購入されたお客さまに関しては、その範囲外となりますので、各メーカーは対応いたしかねます(操作に関するお問い合わせも同様です)